巻き爪予防法

【スポンサードリンク】

巻き爪を予防するために最も重要な事はまず、足の指を強く圧迫しないような靴を選ぶ事が大切です。
特にハイヒールの場合には注意した方が良い様です。

そして、常に足を清潔な状態に保ち細菌感染や化膿が起こらない様にする事も重要です。
また、しもやけなどができて足の指が腫れたりする場合も巻き爪が起こりやすくなりますので、足の指を常に乾燥させておく事も大切な事です。
また、急激に体重が増加すると姿勢のバランスが崩れて足に負担がかかり、変形の原因となり巻き爪になりやすくなってしまう様です。
特に妊娠中などの急激な体重増加が原因になってしまう事もありますので注意して下さい。
その他に、サッカーやテニスなどのスポーツをやっている人はあしの親指に強い負荷がかかり変形の原因になる事もあります。

この様な原因で巻き爪になる事が多いので、巻き爪になりやすい人は自分にあった靴を履き(この時大きすぎてもいけません。)足に負担のかからない様に注意し、常に乾燥した清潔な状態を保つ様に心がけましょう。
更にもう一つ大変重要な事は、深爪を絶対にしない様に注意する事です。
特に両端を切り込まない様にして白い部分が数ミリ残っている位が良い様です。




edit

【スポンサードリンク】