巻き爪とは?

【スポンサードリンク】

巻き爪は爪の端の部分が皮膚の中に食い込んだ状態の事を言います。
この状態は足の親指に最も多く起こり、大変強い痛みを伴い、食い込んだ部分には細菌の感染が起こりやすくなり、赤く腫れて来る事があります。
この様になると痛みも益々強くなって、靴が履けなくなってしまう事もあり、大変辛い状態になります。

巻き爪が足の親指に多く起こる原因としては、先の狭い靴の圧迫によるものが第一に挙げられます。
そして、先の狭いハイヒールを履いている女性に、多く見られる症状なのです。
また、爪を深く切りすぎた場合にも起こって来ます。その他に先天的な形態異常による物も見られる様です。

先ほども述べましたが、爪が皮膚に食い込んでくると、横からの圧迫で非常に強い痛みがあり、細菌の感染をおこして赤く腫れてきます。
この様な爪の周辺の炎症は繰り返し起こり、皮膚は段々と盛り上がって来て化膿し、膿が溜まって来ます。




edit

【スポンサードリンク】