先天的

【スポンサードリンク】

1~2歳位の乳幼児の爪を見ると、少しだけスプーン状になっているものが多いのに気づきますが、これは生理的な現象で、病気ではなく、もう少し大きくなると自然と普通の形の爪になってきます。
ですがごくまれに、この形が続き、このまま成人になってしまう場合もあります。
これを先天的な匙状爪と言います。
この先天的な匙状爪は、優性遺伝性の病気で、家族の中に同じような爪の人がいる事が多い様です。
この様にスプーン状の爪は先天的なものもあります。この場合、全身性の疾患や、局所的な原因もありませんので気にする事はないのですが、外見を気にする様になった時や、美容上での問題がある様です。

edit

【スポンサードリンク】