爪の縦線

【スポンサードリンク】

爪甲をよく見ると、縦に細い線が見える事があります。
これがはっきりと認められた場合には、爪の老化現象と考えられます。
縦の線は爪甲の根元から真っ直ぐに先端に向かって伸びていて、注意して触ってみると、多少盛り上がっているものと、少し凹んでいるものがあります。
縦線の程度は様々ですが、初めは1本位が現れ、段々と数が増してきます。40歳頃から現れる事が多く、年齢とともに数が増えていき、50歳以上の人にはほとんどの人に見られる様になってきます。

縦線が高度になってくると、爪が縦の方向に割れやすくなり、これを爪甲縦裂症と言います。
この爪の縦線は、老人性変形なので、全身性の病気や栄養状態とは全く関係ありません。
縦線は老化現象ですから治す事は出来ませんが、爪甲縦裂症の様に爪甲が割れてしまう場合には治療の必要があります。
ですが、なかなか治りにくいようなので、早めに治療する事をお勧めします。
爪の根元に軟膏を塗ったり、絆創膏で固定して予防します。

edit

【スポンサードリンク】