白い爪記事一覧

爪の白い点は、爪甲白斑と言われ、病気とは関係なく、ほとんど全て手の爪に出来、足の爪には現れる事はありません。 若い女性や子供に多く見られ男性には比較的少なく、また、老人にもあまりおこらないものです。 その他に、爪床の白い斑点は肝臓や腎臓の病気と関係している場合がある様です。
【スポンサードリンク】
  • 爪に白い点
    爪に白い点が現れると、内臓に異常があるにかもしれない・・・などと心配される方もいるようですが、内蔵の病気や皮膚の病気などとは全く関係なく、爪の作られる爪母の部分で、軽い角化の異常 が起こってできるもの...・・・つづく
  • 爪の白濁
    幼少の頃には、全く異常のなかった爪が成人になってから突然白く濁ってくる事がありますが、これは、前章の爪甲白斑とは異なり別の病気を考えなくてはなりません。 まず、考えられる病気としては、爪水虫ですが、(...・・・つづく
  • 爪が抜ける
    この症状は、慢性の腎炎などからゆっくりと進展してくるものとは違い、例えば腸からタンパクが出てしまう消化器の病気や、皮膚からタンパクが出てしまう重症のやけどをした場合などの、急性の低タンパク血症の場合に...・・・つづく
  • 爪の白い帯
    爪が白く見えるのは、爪甲白斑と言う事は述べましたが、ここで述べる白い帯は、爪甲の変化ではなく、爪床の異常によるもので、爪半月に平行して横に走る白色で帯状の部分の事です。 この帯は爪半月と正常な爪の部分...・・・つづく

edit

【スポンサードリンク】