爪の仕事

【スポンサードリンク】

私たちの指先は細かい仕事をする様にできていて、感覚器官がよく発達しています。
その為、人間は動物と違う、文化的、芸術的な仕事ができるのです。

まず第一に、爪はこの敏感な指先を保護する為にあります。
例えば指で物をつかむ時には、指先に力をいれます。この時に、爪が力を支えて指先に力を入れて物とつかむ事が出来るのです。
何らかの原因で爪を抜いてしまった場合には、痛みがなくなっても爪のない指先には、力が入らず物を上手くつかむ事が出来ません。
これは、小さな小指でも足の指でも同じ事が言え、もしも足の指に爪がない場合には、歩くときにつま先に上手く力が入らず、体を上手く支える事が出来なくなってしまうのです。

この様に、爪は指先を保護すると共に、細かい人間的な作業をする上で大変重要な役割を果たしているのです。
この他にも、痒い所を掻く事もありますが、これは爪の本来の仕事ではありません。
おしゃれの為に爪を長く伸ばしている女性を見かける事も多いですが、爪は伸びすぎていても不便なもので、小さな物をつまんだりする細かい作業の場合には、その仕事が難しくなってしまいます。

edit

【スポンサードリンク】