爪は毎日何度となく見ています。ですから爪の色や形がおかしくなったり、するとすぐに気がつく事が多いはずです。

爪の異常には、爪自体の病気の事もありますし、皮膚病に伴って現れてくる事もありますが、最も重要なのは、内蔵の病気の現れとして出てくる爪の変化です。

昔から爪は健康のバロメーターと言われ、医者が診察する時には、「必ず」と言って良いほど爪を見るのです。
爪は、赤ちゃんと老人ではずいぶん違い、その人の生活環境や歴史までも表現されると言われ、生活の年輪でもあります。

ですから爪にも皮膚と同じように老化現象があり、多少爪の硬さなどが変わっても病気とは言えない場合もあります。
では、どの様な爪の異常が内臓などの病気と関係があるのか?どの様な変化は心配ないものなのか?
ここでは、どの様な爪の変化や異常が内臓の病気と関係があり、どの様な変化は心配のないものなのか紹介しています。

【スポンサードリンク】

爪で病気まるわかり項目一覧